稲美町が最近おもしろい

8月もそろそろ折り返し。世の学生達の間には徐々に焦りが見え始めるころではないだろうか。

私も8月は腰を落ち着け、実家に帰省中。東京では基本引きこもりですが、こっちでは適度に雑用を押し付けられるのでいい治療になります。とはいえ今年の暑さも尋常ではないので日中はクーラーのある部屋から離れませんが。

地元に帰って気付いたことが1つ。稲美町美味しいお店が増えた。今年、免許をとったこともあって活動範囲が以前より増えたのですが探してみるとちらほら初めてみるお店が増えている。

 

実は稲美町ここ数年で人口が増え続けているのですよ。元々、住みやす土地として加古郡近辺では知られてましたが、2009年に「東播磨南北道路」が開通したことや加古川医療センターが近くにできたことで、それなりに便利でアクセスしやすい町に変化してきました。みんなが稲美町の魅力に気付き始めたのかもしれませんね。

それは同時に町外の人が訪れるいいきっかけにもなります。ネットで情報共有しやすくなったことで、それまで地元向けに営業していた隠れた名店に人が集まるようになりました。以前なら、雰囲気はいいけど絶対に地元民しか分からない場所にある、そんなカフェはすぐに消えてましたが、今の時代、気に入ってくれた人は勝手に情報を発信してくれるのでいい店が生き残りやすくなったのです。

 

そんな立地にめぐまれた稲美町で私が今回行ってきたのがこちらのお店

 

 

 

 

 

 

https://goo.gl/maps/pcsHEk5KyngJTpWE9

※場所も張っておきます。

REEZE CAFE

〒675-1112 兵庫県加古郡稲美町六分一642−2

交通量の少ない一般道路を一つそれ、田んぼで囲まれた道を走るとすぐです。とは言ったものの、普通なら絶対通らないであろう場所にポツンとたっているうえ看板が小さいので注意しないと見逃します。

 

 駐車場は3台分あります。奥に進むと一軒家の隣に素敵な空間が現れます。

周りを田んぼに囲まれた中に秘密基地のようにたたずむそのカフェはなんだか特別な場所のような感じがしました。

 

15時頃に伺ったのでランチもありましたがケーキをいただきました。

チーズケーキ 400円

 

しっとりとした甘さとクランベリーの酸味がよくマッチしていました。(ちょっと量は少なかったけど)

珈琲セットを頼んだので700円でした。

 

窓からの景色

店内はテーブルが4つとカウンター席もあったので1人でも気兼ねなく来店できます。

大きなガラス窓に写真の風景が広がっているので視覚的にも開放感がありいい雰囲気でした。

今年の夏のようなうんざりする暑さでは厳しいかもしれませんが、テラス席もあったので天気のいい日に訪れてみるのもいいかもしれません。

 

総評:店内の雰囲気、見た目ともに抜群なので一度訪れてみる価値はあります。ただ何度も言うように事前情報なしにはおそらくたどり着けない場所にあるのでお店の場所はしっかり確認してください。あと味のほうはそれほどレベルの高いものではないのであまり期待しないほうがいいかもしれません。

 

この場所以外にも稲美町では新しいお店、美味しいけどあまり知られていないお店がいくつかあるので今後も紹介していきたいと思います。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です